猫1720匹

2014年度に宮城県内で殺処分された猫の数だそうです。このうち1527匹が子猫。

子猫が殺処分になる理由は飼育が大変だから。ボランティアの皆さんの動画を見て納得しましたが…。

胸が痛みますね。

6分51秒と長い動画なので以下簡単なガイドをのせます。忙しい方は見たいとこだけどうぞ。

2分42秒から 子猫の殺処分される理由
3分25秒から 子猫の飼育の難しさ
4分40秒から 子猫が増える理由、問題点
5分08秒から 宮城県内の現状
5分42秒から アニマルピースからのメッセージ

殺処分から子猫を守ろうという取り組みを取材しました。(宮城15/05/26)



不幸な命を減らすには…


ちょっと考えてみたのですが、子供に教育することじゃないですかね。

たとえば小学校で

●課外授業で保健所に行く
●道徳の授業でボランティアの方に授業してもらう

なんてどうですか?

保健所に行って、実際に保護されている動物に触れ合えばいいと思います。

その後『飼い主さんが見つからなければこの子達は死にます』と教えてあげたら、教育を受けた子達が大人になる頃には殺処分が減るんじゃないでしょうか?

残酷な現実を教えてあげましょう。
無責任な大人は存在すると知らせましょう。

なんなら学校が授業の一環として犬や猫を引き取るとかね。

皆さんはどう思いますか?どうしたら減ると思いますか?

FNNニュース


【アニマルピース】
■公式HP■http://www.anip.biz/

イベント情報

■日程■2015年5月31日(日)
■時間■11:00から15:00
■場所■ダイシン泉本店(松森) 駐車場
仙台市泉区松森蒲田86(4号線バイパス沿い)

アニマルピースの活動


難しいね。

 =================================
ブログ著者
【小原裕行】
■HP■ http://obarachannel.wix.com/0512
■Twitter■ @h_obara512
■facebook■ https://www.facebook.com/obarachannel
■YouTube■https://www.youtube.com/user/obaraChannel512
■マイリスト■http://www.nicovideo.jp/mylist/47657001
=================================