ズバリ音源をネットに上げることです。

bizz2girl20160902392216_TP_V



音楽をやってるのにネットで聞けるものが何もないっておかしくないですか?


YouTube、ニコニコ動画、サウンドクラウドなど無料で使えるサービスはいっぱいあるのに。


どんなに良いチラシを作ったとしても
どんなに良い売り文句だったとしても


どんな音楽をやっているか分からない『知らない人のライブ』には行く人はいません。


曲を聞いたことのないアーティストのCDを買う人を僕は見たことがないのです。


こんな感じのフレーズが並ぶフライヤーを皆さんも見たことあると思います。
唯一無二の声
類まれなる才能
溢れるグルーブ感
艶やかで透明感のある歌声
天性のハイトーンボイス
独特の世界観
甘く優しい声 

よくありますよね?


ルックスが好みだとかでチラシに書いてある事に興味を持ったとしても、曲や歌を聞けなかったら『ふーん』で終わると思いませんか?


ライブで聞いてくれた人に配るのであれば、SNSをフォローしてくれたり次に繋げられる要素はありますが、ネットに音源がないのに路上でフライヤーをまったく知らない人に配っても、それは効果が出ないでしょう。


音源があったとしても、映像の荒い粗悪なライブ音源やイントロしか聞けないってのもまったく参考にならないのでアウトです。


『聞いてください!』と言うのであれば聞けるものを用意するのが筋でしょう。


フライヤー配るならまずは音源アップしてください


音源がアップ出来ないのなら、路上ライブをやって聞いてくれた人に渡すべきではないでしょうか?


ミュージシャンならば紙より音楽を用意しましょう。



- - - キリトリ - - -


僕ボカロ曲を投稿しています。是非聴いてみてください。



=================================
【小原裕行】
■HP■
■Twitter■
■Instagram■
■facebook■
■YouTube■
■マイリスト■
■LINE BLOG■
=================================

ブログが更新されると通知が届くようになります。登録してね。